De`Longhi (デロンギ)の修理

レインボーツリー
De`Longhi

GWはいかがお過ごしですか?
BOBBIは部屋の掃除やら読書や調べ物・・・・大忙しです。

今日は(ぢつは・・・数日前から書きかけでBlogが沢山下書き保存されています)
イタリアの調理器具De`Longhi(デロンギ)のお話。

デロンギとは「持つ喜び、使う楽しみ。イタリアの家電ブランド」だそうです

ある日、YOUより・・・
「デロンギのオーブンが調子悪く温度が上がらない!直らないよね?」

BOBBIの内心は「直らないよね?って挑戦的だなぁ〜直せ!ってことだろうなぁ・・・」
現在のデロンギでは修理を行っていません。エスプレッソマシンの修理は行っているようですが、既にカタログ落ちした昭和チックなオーブンの修理は修理できないようです。(エスプレッソマシン以外の修理は行っていないようです。)
しかし、話の内容からするとサーモスタット等の電気的な故障だろうなぁ??まさか蓋を開けたまま温度が上がらないなんてバカ殿チックな問題ではないだろう。。
ネットで調べてみるとイタリア本国を始めアメリカでも多くの症状が発生しているようです。勿論、日本でも数点の同様の故障が見受けられました。

問題はやはり・・・・

レインボーツリー
P600K-E3/54 Diode

こんな小さな部品!整流用ダイオード!
部品代は1ヶ80yen!念のため下火と天火を変えても160yen。。。
近くには売っていないだろうなぁ。。交通費かけて買いに行くのも・・通販では送料が800yenだし・・

きっと日本で壊れちゃった人の大半は粗大ごみ行きなんだろうなぁ・・
悲しいなぁ

修理予定はゴールデンウィーク明けですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です